会社概要はこちらからどうぞ発電所紹介はこちらからどうぞ環境保全・地域協調活動はこちらからどうぞ施設見学/利用はこちらからどうぞ採用情報はこちらからどうぞニュースファイルはこちらからどうぞリンクはこちらからどうぞ

発電所紹介

石炭調達から発電


1調達 酒田までの輸送日数
石炭は、すべて海外炭を使っています。中国、オーストラリア、インドネシアなどの分厚い炭層から、大型機械によって掘り出されます。 世界各地から石炭専用船で酒田まで運ばれます。年間輸入量は約150万トンです。
調達
酒田までの輸送日数


2陸揚げ 3貯蔵
大型ばら積船で運ばれた石炭は、アンローダ(揚炭機)を使い、陸揚げされます。船は一度に約7万トンを運んできます。港から貯炭場まではベルトコンベアを使って運ばれます。 2棟ある貯炭場には28万トンの石炭を貯蔵できます。これは約60日間発電できる量です。
陸揚げ
貯蔵


4燃焼 5発電
微粉炭機で粉状にされた石炭は、ボイラーで燃やされます。この時、発生した熱を利用して水を加熱し、高温高圧の蒸気をつくり出します。 高温高圧の蒸気はタービンに導かれ、その噴射力と膨張力を利用してダービンの羽根車を高速回転させます。タービンに直結されている発電機が回転して電気を作り出します。
燃焼
発電




発電所紹介
石炭調達から発電
環境対策
石炭灰リサイクル
木質バイオマス燃料の導入
資料
石炭受入量
石炭灰発生量と有効利用
酒田共同火力発電株式会社 〒998-8622 山形県酒田市宮海字南浜1番19 TEL:0234-34-2321(代)
酒田共同火力発電株式会社のトップページへ戻ります 酒田共同火力発電株式会社のトップページへ戻ります 酒田共同火力発電株式会社のアクセスはこちらからどうぞ 酒田共同火力発電株式会社の個人情報保護方針はこちらからどうぞ 東北電力グループソーシャルメディアポリシーはこちらからどうぞ