会社概要はこちらからどうぞ発電所紹介はこちらからどうぞ環境保全・地域協調活動はこちらからどうぞ施設見学/利用はこちらからどうぞ採用情報はこちらからどうぞニュースファイルはこちらからどうぞリンクはこちらからどうぞ

発電所紹介

石炭灰リサイクル

フライアッシュとクリンカアッシュ

フライアッシュ
石炭灰のうち、約90%は、粒子が非常に細かく燃焼ガスと一緒に運ばれます。
これらを電気集塵器などを使ってほぼ全量を取り除きます。取り除いた灰をフライアッシュと呼んでいます。


1.セメント原料
黒姫丸
セメントは石炭石、粘土、けい石などの原材料を混ぜ、粉にし、焼いてつくられますが、フライアッシュはその成分の大半が粘土と同じであるため、粘土の代用品として活用されています。

2.セメント混和剤
特にJIS規格に適合したフライアッシュをセメントに混ぜたものを「フライアッシュセメント」と呼びます。これは、混ぜる水量も比較的少なく流動性に優れ、打ち込みやすいため経済性に優れていること、乾燥しても縮む量が少ないという特性から、おもにダム工事のコンクリート打設に活用されています。

3.コンクリート二次製品
フライピーシー
JIS規格外フライアッシュを混和したコンクリート二次製品が国土交通省発注の日本海沿岸東北自動車道三瀬トンネルおよび小波渡トンネル構造物工事で活用されております。また、山形県リサイクル製品に、山形県コンクリート製品工業協同組合庄内事業所殿が「フライピーシー」の製品名で認定を受けています。


クリンカアッシュ(ボトムアッシュ)
ボイラーの中は1,000℃を超える高温の為、灰のうち10%程度は溶けてお互いにくっついてしまいます。くっついて大きくなった灰は、ボイラーの底に落ちます。これをクリンカアッシュ又は、ボトムアッシュと呼んでいます。

1.土木資材・農業資材
クリンカアッシュは砂状で化学的にも砂に類似した物質ですが、砂に比べ透水性、保水性が高く軽量であるといった特徴から土木資材、農業資材として活用されています。

2.道路・グラウンド・盛土材
盛土材
クリンカアッシュの高い支持力を利用して、道路路盤材としてまた、保水性、透水性を利用して、グラウンド造成における中層材として、更に、軽量性を利用して宅地盛土材として活用されています。

3.農業用覆土材等
マッシュルーム
クリンカアッシュの保水性を利用してマッシュルーム培養土(ブラックピート)の一部代替品として活用されており、さらに排菌床を農作物の堆肥としてリサイクル活用されています。




発電所紹介
石炭調達から発電
環境対策
石炭灰リサイクル
木質バイオマス燃料の導入
資料
石炭受入量
石炭灰発生量と有効利用
酒田共同火力発電株式会社 〒998-8622 山形県酒田市宮海字南浜1番19 TEL:0234-34-2321(代)
酒田共同火力発電株式会社のトップページへ戻ります 酒田共同火力発電株式会社のトップページへ戻ります 酒田共同火力発電株式会社のアクセスはこちらからどうぞ 酒田共同火力発電株式会社の個人情報保護方針はこちらからどうぞ 東北電力グループソーシャルメディアポリシーはこちらからどうぞ