会社概要はこちらからどうぞ発電所紹介はこちらからどうぞ環境保全・地域協調活動はこちらからどうぞ施設見学/利用はこちらからどうぞ採用情報はこちらからどうぞニュースファイルはこちらからどうぞリンクはこちらからどうぞ

発電所紹介

資料


◆石炭灰発生量と有効利用
 発生量の推移

(千トン)
発生量の推移
※画像をクリックすると拡大画像がご覧いただけます。


 有効利用量の推移

(千トン)
発生量の推移

※画像をクリックすると拡大画像がご覧いただけます。


[用語の注釈]
乾灰 石炭の燃焼により発生した石炭灰で、電気集塵器で捕集された乾燥した灰です。一般的にはフライアッシュと言います。
湿灰 有効利用できなかったフライアッシュを発電所に隣接する灰処分場へ埋め立てます。それを掘り起こし有効利用する灰を言います。
クリンカアッシュ ボイラーの中は高温のため、石炭灰の10%は溶けてくっつき底に落ちます。これを砕いて有効利用する灰を言います。




発電所紹介
石炭調達から発電
環境対策
石炭灰リサイクル
木質バイオマス燃料の導入
資料
石炭受入量
石炭灰発生量と有効利用
酒田共同火力発電株式会社 〒998-8622 山形県酒田市宮海字南浜1番19 TEL:0234-34-2321(代)
酒田共同火力発電株式会社のトップページへ戻ります 酒田共同火力発電株式会社のトップページへ戻ります 酒田共同火力発電株式会社のアクセスはこちらからどうぞ 酒田共同火力発電株式会社の個人情報保護方針はこちらからどうぞ 東北電力グループソーシャルメディアポリシーはこちらからどうぞ